「星の海で……つかまえて」そう告げた彼女に僕は・・・

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/29(水) 00:51:04.94 ID:NKRHgRbbO

女「……ごめんね。君とは付き合えないよ」

それだけ言うと、彼女は暗闇の中へ消えてしまった。

ああ、やっぱり……。

僕「これで、明日から彼女とは話もできない、か」

僕「……」

一人ただボーッと、残された僕は、さっき彼女に表れた変化……それを思い返していた。

両手を前の方で合わせて座り、僕の言葉に反応するように、少しだけ体を震わせた彼女……。
何かを呟いていたように思うけれど、僕の耳には彼女のごめん、という言葉しか残っていない。

 

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/29(水) 00:58:12.34 ID:NKRHgRbbO

……。

僕と彼女が出会ったのは、僕が大学三年生の時の事だ。

四月の入学式や、五月の慌ただしい連休が終わって……大学全体が少し落ち着いたようになったある日。

いつものように、学生食堂でお昼ご飯を買おうとしてた。

その時の僕には、彼女を見過ごして会わずにいる事もできたのに……。

それでも彼女と会ったのは、けっして恋愛感情から来る行動ではなかった。

それだけは、今もはっきりと覚えている。

最初の頃は……彼女の事など、全く頭にはなかったんだ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です